Summer vacation.
“夏休み”
社会人にとってはそんな響きでもないですね(笑、、
しかし、夏の連休はちょっとだけ童心にもどれる気がします♪

私事で大変恐縮でありますが、先日お盆休みに郷帰り、勿論ツーリングを兼ねております(笑


c0092428_15412619.jpg
鹿児島へ帰ると意味無く乗りたくなる桜島フェリー♪、、鹿児島港から桜島まで10数分の船旅なんです♪目前にする櫻島は海の中にどかんとそびえていて、いつ見ても雄々しく美しいものです。
この時も活火山らしく勇ましい噴煙を上げていましたっ。

c0092428_16182657.jpg
、、桜島をぐるっと周って大隈半島は垂水市の荒崎PAから。
広がる青い海と空♪、、ちょうど鹿児島市内の反対側です。お天気も良く澄んでいたら対岸のさつま半島は指宿の開聞岳まで綺麗に見えます♪、ちょこっとだけ見えてますねっ♪

c0092428_1646340.jpg
走りに走って、今回の目的地、鹿児島県は鹿屋市に在る鹿屋航空基地資料館へ到着。


“海軍特攻隊の資料などを展示している鹿屋航空基地資料館
日本海軍航空隊の歴史や特攻隊員の遺品、海軍使用の砲弾等、写真と実物で分かりやすく展示している。館外には戦後海上自衛隊で使用された実物の飛行機が十数機と入り口右には戦艦比叡のいかりがデンと置 いてある。

陸軍の特攻基地であった薩摩半島にある“知覧”、は有名ですね。

c0092428_1715533.jpg
“二式大型飛行艇”
二式大型飛行艇は、昭和15年(1940)に初飛行した当時世界一の高性能を誇った大型飛行艇です。昭和17年(1942)に旧日本海軍に正式採用され、偵察、哨戒、輸送など多方面に活躍しました。終戦後、二式大型飛行艇に注目した米国は本国に運び、各種の調査を行ってその高性能に驚嘆したといわれています。

館内の零戦に史料、そしてこの世界に一機しか残っていない二式大艇を見たかったのです。

恥ずかしながらつい先日まで、ここ海上自衛隊鹿屋基地に資料館がある事を知らずにおりました・・・。
閉館時間が近かった為館内は静かで、順路を辿るたび胸中に去来するものは・・・心と頭のなかを整理するのにしばらく言葉もありませんでした。


外へ出て、どこまでも青い夏の空を見上げると、万感の思い、そして遠く爆音とともに大空のサムライ達が目に滲んで見えてくるようでした。

連休最大の目的を達して(笑、、この後地元までひた走りました。


c0092428_1918362.jpg
暑い連休、そして熱くなり過ぎたバッテリー・・・。
ご覧の通り液もあふれ爆発寸前・・・しかしなんとか無事福岡へ帰還できたのでした♪

走行距離690キロ、この夏も充実した夏休みでした!!!....しばらくQuotaには乗れませんがね(汗

感謝、合掌。

by nishi
by maxfritz-fukuoka | 2011-08-20 19:39 | Touring
<< From Samarate♪ Information. >>